Codera

Sound

断熱性・気密性

●意外と気になる上階の音

ツーバーフォー工法にて入居後の音に関するアンケートデーターにおいて、 入居後の上階床の歩行音に不満を持たれる方がいらっしゃいます。
常時、不満を感じている方はさすがに多くはいらっしゃいませんが、ふとした時に煩わしく思う方は多いようです。

床からの騒音は「軽量床衝撃音」と「重量床衝撃音」の2種類があります。
軽量床衝撃音はフォークなどを落としたときの「チャリン」といった音などを指します。
一方で重量床衝撃音は、「ドスドス」と走り回ったり跳ねたりした音で、歩行音はこれに当たります。
建物の上下階では糸電話で使われる糸の代わりに床を振動させ上階から下階へと伝わります。
強固なモノコック構造であるツーバイフォー工法やRC造では、意外に気になる問題なのかもしれません。

●快適な音環境に向けて

より快適な音環境を実現させるため、ノーザンハウスでは2階床を支える根太と
1階の天井の野縁を防振性を高める吊木を採用しています。

上階からの振動を防ぐことにより、 意外と入居後に気になる歩行時の「パタパタ」や「ドスドス」等の衝撃音を防振吊木が吸収することで音環境を和らげます。
※防振吊木が吸収する衝撃音には限界がございます。

●施工写真

見えない部分にもこだわり、長く・快適にすごすやさしい住まいを目指し、
ノーザンハウスでは普段は見えなくなってしまう『天井の裏側』にもこだわりました。


  • 性能

    ■健康→click
    「お部屋で深呼吸できる幸せ空気が変わる・休息が変わる」 長く・安心して住まえる家を目指し、ノーザンハウスでは普段は見えなくなってしまう『壁の内側』もこだわりました。ホルムアルデヒドを吸収分解するハイクリーンボートを使用しています。

    ■防音→click
    より快適な音環境に向けて

  • 省エネ

    ■気密性・断熱性→click
    ノーザンハウスの全4商品が平成28年省エネ基準で求められる断熱性能(4地域)を上回る高い断熱レベルを確保しています。
    ■窓の機能→click
    モンタージュ トリプルガラス仕様はガラスを3枚配置し2つの中空層を設けることで、断熱・遮熱性能をさらに高めた窓です。

  • 安心

    ■第三者機関→click
    工事進捗、施工状態も確認することができるので、住まい手への「安心の見える化」を実現しています。
    ■地盤保証・瑕疵保険→click
    ノーザンハウスでは在来の工法に加え環境に優しい、エコ工法もご提案できます。

  • 構造

    ■耐震性→click
    枠組壁工法(ツーバイフォー工法)は、非木造と比べても圧倒的に安全であることがわかります。
    ■耐久性→click
    広大なアメリカ大陸の厳しい気象条件の中で、確かな性能を備えた住まいが求められ、その全てをしのぐものとしてツーバイフォー工法が誕生しました。
    ■耐火性→click
    ツーバイフォー住宅の場合、ほとんどが準耐火構造となり、火災保険料が安くなります。
    ■対防風性→click
    ツーバイフォー住宅の屋根(軒下)は台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが採用されています。
    ■耐雪性→click
    国内でも、極寒、多雪で知られる北海道でも認められる耐雪性能。 この事実こそ、北国の厳しい気候風土に適した品質と性能が、実感として支持されている証です。